K'SPEC NOW

How To

2018年02月28日

【トヨタ C-HRでDIY!】カーボンドアミラーカバーでアクセントをプラス!

クルマ好き、ドレスアップ好きなら1度はチャレンジしてみたい「DIY」。クルマに乗るだけじゃなく、イジってみることでみえてくるものがあるんです。それは愛着。もちろんDIYは手段であって目的ではありません。でも、DIYを1度やってみるとそのおもしろさにハマり「とにかくDIYをやりたい!」病にかかります。でもなにごともとっかかりって大事ですよね。いったいなにからはじめたらいいものやら。そこで今回オススメしたいのは、以前にケースペックナウでも紹介したコチラです。

リアルカーボン製の被せるだけミラーカバー。トヨタ&レクサス用!  C-HR、プリウスも!

SilkBlaze・シルクブレイズ カーボンドアミラーカバー


シルクブレイズのミラーカバーですね。しかもカーボンです。カーボンというと、最近では”カーボン風”のパーツもたくさんありますが、こちらは”マジ”のカーボンです。マジのカーボンをミラーカバーにしてお手軽にカーボンメイクを楽しめるようにしたアイテムなんですね。
カーボン特有の織り目がなんといってもカッコいいです。

商品についての詳しくはコチラ↓
SilkBlaze・シルクブレイズ カーボンドアミラーカバー


ということで、今回はこのカーボンドアミラーカバーをDIYしちゃいたいと思います。装着するクルマはトヨタのC-HRです。驚くほど簡単であっというまに終わってしまうので、見逃さないようにご注意ください。

大事なのは脱脂!


こちらはC-HR純正のドアミラーです。なかなか複雑な形状をしていますが、今回用意したカーボンドアミラーカバーは上部(塗装している面)に装着するタイプです。


DIYでもメンテナンスでもなんでも基本中の基本はまず汚れを落とすということです。これをめんどくさがってしまうと後々後悔することになるので、まずはドアミラーをキレイにしましょう。



そして次に登場するのがパーツクリーナーです。先にいってしまうとカーボンドアミラーカバーは両面テープで装着するタイプとなっており、しっかりと取り付け面に接着しなくてはなりません。そこで目にはみえない表面に付着している油分を脱脂(だっし)するというわけです。これは貼り付け系のパーツの基本中の基本。油分が残っているとちゃんと接着できなくて後々剥がれてくるなんてこともあるわけですね。そのため、パーツクリーナーやシリコンオフなどを使ってキレイにしましょう。


いよいよカーボンドアミラーカバーの装着です。ハッキリいって純正ドアミラーをとにかくキレイにするという下処理は終わっているので、ここからは簡単です。付属の両面テープをパーツの裏側に縁取るように貼り付けます。両面テープをめくり貼るだけでいいわけです。


とはいっても、失敗しないためのポイントがあります。強力な両面テープを使用しているので、1度貼り付けてしまうとなかなか剥がすのが大変です。なので、いきなり全面を貼り付けてしまわずに、写真のように両面テープの一部分だけを貼れるようにします。


すべての両面テープを同じように一部分だけ剥がしたら、カーボンドアミラーカバーを純正ドアミラーに被せて、そのペロっとした紙を引っ張るように貼っていきます。つまり、仮止めをしておいて大丈夫なら紙を引っこ抜いて全面貼るという流れになります。


いかがでしたでしょうか?はじめてのDIYにはもってこいのアイテムではないでしょうか?こんなに簡単なのに、見た目アップの効果は絶大です。チャレンジしてみたくなったら、オンラインショップでゲットできるのでぜひアクセスしてみてくださいね。

ケースペックオンライン↓
SilkBlaze カーボンドアミラーカバー 50系プリウス/C-HR


タグ: ,

関連記事