K'SPEC NOW

How To

2018年02月26日

30アル&ヴェル後期で話題の、赤ボディ。じつはこんなにあるんです! その一部を抜粋!

いま話題のアルファード&ヴェルファイアの後期モデルで追加された、エアロボディ専用色となる「ダークレッドマイカメタリック」。Lクラスでは初の赤ということもあり話題を集めていますが、ざっくりと「赤」でくくれるボディカラーは結構多いんです。コンパクトカーなどの小型車では以前からスタンダードとしてありましたが、その対象は年々拡大中。いまではミニバンからSUV、そしてセダンにまで、赤旋風が吹き荒れています!

 

とくに多い、トヨタ車ではこんなクルマで「赤系」が選べます!!

↑ご存じアルファード&ヴェルファイアの後期モデル。エアログレード専用色ですが、聡明な赤という派手な色ではなく、ちょっと濁りのある、落ち着きのある赤系です。

ミニバンやセダンではこちらも!

↑ ロングセラーとなっている現行エスティマは、もちろんですが、多彩なカラバリで話題を集めているクラウンにも赤はあります。

 

旬なSUV系でも、赤はホットカラーです!

↑ いまもっとも売れている人気SUVであるC-HRはもちろん、ハリアーやランクル200、そして同プラドと、じつはSUVで「赤」は人気色。ハリアーやランクルのカラー品番「3Q3」は、30アル&ヴェル後期のそれと同色です。

 

ハイブリッドカーでも、「赤」人気は強いんです!!

トヨタの売れ筋ハイブリッドカーでもズラリこの通り。このほかにも「アクア」や「ミライ」にも、赤があります。

 

 

トヨタ以外はどう!? 例えばホンダは!?

↑ もちろん、ホンダでも「赤」系カラーはジワジワ増殖中です。先日発表されたヴェゼル後期はもちろん、ステップワゴンスパーダやフリード、そしてフィットに赤が。もちろんそれ以外にも、NシリーズのKカーや、あのNSXにも赤があります!

 

ご紹介したトヨタ・ホンダ以外にも、赤系は結構いろいろあります。
マツダ車では、ブランドのイメージカラー自体が「赤」系と、選り取り見取りです。

「赤」系というと、ちょっと派手すぎでは!? なんて思えそうですが、じつは市場での認知度が高い、定番色になりつつある色なんです!
あえて赤を狙うのも、ありかもしれませんね。


関連記事